【事故防止 人の問題を考える】第18回 高年齢者の安全問題 ―加齢に伴う心身機能の低下―(後編)

2017.06.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 加齢に伴う様々な心身機能の低下をみていくと、職場に高年齢者は必要ではないのではと思う方も出てくると思います。しかし、それは全くの間違いです。たとえば、高年齢者の長年の実務経験による技能や知識の蓄積は熟練を生み、より高度で複合的な作業能力を生み出します。また、あらゆる局面に遭遇しても臨機応変に対応し問題を解決する。こういった力も高年齢者に備わっている力です。これらはまさに〝現場力〟です。若者には真似のできない、高齢者の強みなのです。…

著者:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年6月15日 第2284号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ