【送検事例】検査証切れのクレーンを使用

2022.04.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 三重・伊勢労働基準監督署は、検査証の有効期限が切れた移動式クレーンを使用し、さらに無資格者に運転させていたとして、定置漁業を営む会社と前代表取締役を安衛法違反の疑いで津地検に書類送検した。同社の作業員が移動式クレーンを操作していたところ、別の作業員がつり荷と接触する災害が起きた。作業員の左手にぶつかり、指を骨折している。(R4・3・23)

事件の概要

 事故は昨年2月8日、三重県度合郡大記町の会社作業場で発生。作業員が移動式クレーンを操作していたところ、別の作業員がつり荷と接触し左手にぶつかって、指を骨折する労働災害が起きた。

 安衛法では、つり上げ荷重が3t以上の移動式クレーンに対して2年に1回、検査をしなければならないと定めている。伊勢労基署の調べによると、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2022年5月1日第2401号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。