【想いはせれば】第151回 「3密」の菜園

2021.03.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶3月に入って「コロナ禍」の第三波感染が通り過ぎ、ワクチンの接種も始まって、さしものコロナも、終息への気配が感じられるようです。

 このコロナの感染予防・防止の処方としてこれまで「3密」(密閉・密集・密接)の防止と、マスク・手洗いが強調されてきましたが、とくに日本では、このことが徹底して実施されてきた結果、世界的に見て感染者や死亡者が少ない国として見られているようです。

▶3~4月、関東地方は本格的な春、夏野菜の種蒔き、植え付けの季節です。私が住んでいる東京都内のマンションの中庭には、約5㎡の貸農園が30区画ほどあって、住民が抽選で手に入れた畑で野菜や花を栽培しています。

 都心の住居に隣接した希少な畑なので、所有者の多くは大変な熱の入れようで、連日畑に通って散水や草とりに精を出しています。それでも冬の間に育てる作物は少なく、春を待ち焦がれる日々を送っていました。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年4月1日第2375号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ