『講習会』の労働関連ニュース

2019.05.31 【労働新聞】
転倒災害防止へ対策講習会開く 新宿労基署

 東京・新宿労働基準監督署(金田文人署長)は、東京都新宿区内で「転倒災害防止対策講習会」を開いた=写真。対象は、昨年転倒災害を発生させた事業場。再発防止を目的に講習会は開催された。  当日は、中央労働災害防止協会関東安全衛生サービスセンターの松本郁夫安全・衛生管理士が対策について解説。食料品製造業で濡れた床で足を滑らせて転倒し、頭部を強打……[続きを読む]

2018.11.27 【安全スタッフ】
機械安全の基礎を 生産管理者へ講義 安全技術普及会

 (一社)安全技術普及会(森山哲理事長)は11月1、2日、機械安全入門講座の特別講習会を開いた=写真。講義の冒頭、森山理事長は「機械を原因とする災害は適切な安全対策によって大幅に減らすことができる」とし、機械安全の知識を災害防止に役立ていってほしいと強調した。 機械ユーザーの生産技術管理者と安全担当者を対象とした講義は、技術者倫理から始ま……[続きを読む]

2016.10.18 【労働新聞】
教育の履歴記録を 産廃業者に講習会 江戸川労基署

 東京・江戸川労働基準監督署(藤本逸子署長)は、産業廃棄物処理業者に対し、労働災害防止講習会を実施した(写真)。 吉田貴則副署長は、入職間もない時期に労働災害に遭うケースが少なくないと指摘。また、挨拶と整理整頓がしっかりしている事業場は、安全管理もできていることが多いとして、基礎的な体制を見直すようアドバイスした。 次いで、高橋英雄第二方……[続きを読む]

2016.08.16 【労働新聞】
休憩時間記録を確実に残すのがポイント 運送業のトラブル防止へ講習会 千葉労基署

 千葉労働基準監督署(西岡正純署長)は、陸上貨物運送事業者を対象に労働災害防止や労務管理に関する講習会を開催した。千葉労働局の福光節子労働時間管理適正化指導員(写真)が、運転者の労働時間管理方法を解説している。 講習では、デジタル式運行記録計を使用する際に休憩時間の記録漏れが多いことを指摘。不要なトラブルを避けるために、「手書きでも良いの……[続きを読む]

2016.06.20 【労働新聞】
ばく露低減に局所排気装置 成田労基署

 千葉・成田労働基準監督署(濵﨑喜明署長)は、化学物質を扱う事業場を対象にリスクアセスメントに関する講習会を開催した。同労基署の上田功安全衛生課長が、実際に起きた化学物質による労働災害事例を交えながら解説している。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ