『産業廃棄物処理業』の労働関連ニュース

2019.11.29 【安全スタッフ】
骨を意識した身体動作指導 産廃業者が安全大会

 産業廃棄物処理・リサイクル事業を行う㈱タケエイは10月27日、物流管理部安全大会を開催した。講演では、中災防安全衛生エキスパートの小沼博子講師が、普段、力仕事の多い運搬車両乗務員へ、骨を意識した体の動かし方を伝えた=写真。腰痛や転倒防止を意識した体の動かし方やバランスの良い立ち方などを約200人とともに実践し、会場を盛り上げた。  物流……[続きを読む]

2018.05.02 【安全スタッフ】
【特集1】産業廃棄物処理業の労災防止 死傷災害2割減を目標に―(公社)全国産業資源循環連合会 事例検討し所感を報告―有明興業

 度数率は建設業の8倍以上――。労働災害発生頻度の高い産業廃棄物処理業を安心して働ける職場に変えようと業界の取組みが進んでいる。(公社)全国産業資源循環連合会は、業界で初となる労働災害防止計画を策定し、労災による死傷者数を平成31年度までに20%減少させ996人以下に抑える目標を掲げた。会員事業場の活動を支援する体制を強化しており、リスク……[続きを読む]

2017.07.07 【安全スタッフ】
全国ワースト脱出へ 「災害ゼロの決意」を 神奈川県資源循環協

 神奈川県内の産業廃棄物処理業者で構成する神奈川県産業資源循環協会(古敷谷裕二会長)は、平成29年度の安全衛生大会を横浜情報文化センターで開催した。 昨年、神奈川県で発生した産業廃棄物処理業の労働災害発生件数は127件で、全国ワースト1となっている。安全衛生協議会の脇田茂議長(写真)が、「まずは協会加盟社から、災害ゼロの決意を持って取り組……[続きを読む]

2017.07.06 【労働新聞】
死傷者2割減めざす 会員の後方支援へ全力 全産廃連

 各都道府県の産業廃棄物協会を束ねる公益社団法人全国産業廃棄物連合会(石井邦夫会長)は今年度から3年間、正会員が実施する「産業廃棄物処理業における労働災害防止計画」の着実な実施に向けた支援を行う。同業界では休業4日以上の労災が減っておらず、直近5年は1300人前後で高止まりの状況にある。死亡者数も20人前後で推移している。 同連合会は「危……[続きを読む]

2017.02.02 【安全スタッフ】
挟まれ災害の怖さ 安衛大会で伝える 神奈川県産廃協会

(公社)神奈川県産業廃棄物協会(古敷谷裕二会長)は、第6回安全衛生大会を大和商工会議所(神奈川・大和市)で開催した。 大会では二階堂久労働安全コンサルタントが講演。挟まれ・巻き込まれ災害に被災する映像などをみせ、作業に潜む危険と安全カバーや点検作業中のスイッチ操作禁止などの対策の重要性を参加者へ伝えた。 県内の産業廃棄物処理業の労働災害は……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ