骨を意識した身体動作指導 産廃業者が安全大会

2019.11.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 産業廃棄物処理・リサイクル事業を行う㈱タケエイは10月27日、物流管理部安全大会を開催した。講演では、中災防安全衛生エキスパートの小沼博子講師が、普段、力仕事の多い運搬車両乗務員へ、骨を意識した体の動かし方を伝えた=写真。腰痛や転倒防止を意識した体の動かし方やバランスの良い立ち方などを約200人とともに実践し、会場を盛り上げた。

 物流管理部の小島秀行部長は、「大きな事故は発生していないが、事故件数は減少しているとはいえない状況にある。共に歩んでいくなかで、一つひとつ地を固めていけば、本当の意味での職場改善は成し遂げられる。皆さんが活躍できるよう一丸となって取り組んでいく」と災害ゼロへ向けて士気を鼓舞した。

関連キーワード:
2019年12月1日第2343号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ