『国税庁』の労働関連ニュース

2020.01.16 【労働新聞】
【賃金調査】国税庁/民間給与実態(細部集計)小規模・男性のピーク631万円 20代前半に比べ2.3倍

5000人以上は896万円  国税庁の民間給与実態統計(平成30年分)によると、従業員30~99人の小規模事業所に勤務する男性の平均年間給与のピークは、631万円だった。中堅規模の500~999人では1.18倍の748万円、5000人以上では1.42倍の896万円などとなっている。賃金カーブにおいてもめだった規模間格差がみられ、20~24……[続きを読む]

2019.10.17 【労働新聞】
【賃金調査】国税庁/平成30年民間給与実態 平均年間給与 正規・男性560万円に 過去最高の2.3%増

非正規・女性は150万円  国税庁の民間給与実態統計によると、昨年1年間を通して勤務した正規従業員・男性の平均年間給与は560万円だった。前年比では2.3%増となり、めだった伸び率を示している。女性についても堅調で、正規は2.5%増の386万円、非正規は2.2%増の154万円だった。一方、役員も含めた全体平均では、年間給与が2.0%増の4……[続きを読む]

2019.03.07 【労働新聞】
【賃金調査】国税庁/民間給与実態(細部集計) 小規模事業所 男性のピーク588万円 20代前半との格差2.1倍

5000人以上は906万円  国税庁の民間給与実態統計によると、従業員30~99人の小規模事業所に勤務する男性の年間給与は、55~59歳588万円がピークだった。100~499人では643万円、中堅規模の500~999人では718万円、5000人以上では906万円などとなっている。賃金カーブにもめだった規模間格差がみられ、20~24歳の水……[続きを読む]

2017.12.25 【労働新聞】
【賃金調査】国税庁/民間給与実態(細部集計) 中小・男性のピーク637万円

中堅723万円、5千人超909万円 20代前半に比べ2.2倍 民間事業所の年間給与額を把握している国税庁・民間給与実態統計によると、規模100~499人の事業所で働いている男性・従業員のピークは637万円だった。中堅規模の500~999人は1.13倍に当たる723万円で、5000人以上は1.43倍に当たる909万円などとなっている。年齢階……[続きを読む]

2017.10.16 【労働新聞】
【賃金調査】国税庁/平成28年民間給与実態 正規・男性の年間給与 前年並み540万円に

全体計で賞与マイナスへ 4年連続増も伸び率低下 国税庁の平成28年民間給与実態統計によると、昨年1年間を通して勤務した正規・男性の平均年間給与は、539.7万円だった。4年連続で前年比プラスとなったが、伸び率は1.0ポイント低下し、0.2%増にとどまっている。女性では正規が1.7%増の373.3万円と伸び、非正規は0.6%増の148.1万……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ