コロナ見舞金は非課税 源泉徴収の必要なし 国税庁

2020.06.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国税庁は新型コロナウイルス感染症に関連して企業が従業員に支給する見舞金を、一定の要件の下で非課税所得扱いにすることを通達で明らかにした。①心身・資産の損害に対する支給、②額が社会通念上相当、③役務の対価の性質を有していない――の3つを満たす場合は非課税所得にするとしている。

 損害に対する支給には、感染した従業員に対する見舞金のほか、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年6月1日第3259号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ