string(97) "/news/news_tag/%E4%B8%80%E8%88%AC%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%B8%BB%E8%A1%8C%E5%8B%95%E8%A8%88%E7%94%BB/"
string(8) "news_tag"

『一般事業主行動計画』の労働関連ニュース

2018.11.14【労働新聞】
半数以上は成果出ず 女性活躍で調査 埼玉労働局

 埼玉県内の企業の半数以上で、女性活躍推進の取組み成果が上がっていないことが埼玉労働局(木塚欽也局長)の調査により分かった。84.7%の企業が女性活躍を経営課題として重要と考えていることから、取組みに苦慮している状況がうかがわれる。 女性活躍推進法に基づく行動計画に掲げた取組みを進めた結果、あまり成果が出ていないと回答した企業は48.2%……[続きを読む]

2018.07.19【労働新聞】
女性活躍推進 取組段階別に中小支援 5種類の研修用意し 東京都

行動計画策定・実践促す 東京都は、中小企業における女性の活躍推進の取組みを支援するため、各社の状況に応じて適切な研修の受講機会を提供する「女性の活躍推進加速化事業」をスタートさせた。取組み段階別や、男性従業員・女性従業員など対象者別の5種類の体系的な研修を実施し、企業内責任者の選任や女性活躍推進法における一般事業主行動計画の策定、計画の目……[続きを読む]

2015.10.26【労働新聞】
必須4、任意21項目に 女性活躍推進法 「行動計画」で省令 厚労省

 厚生労働省は、女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の記載事項に関する省令案をまとめた。女性の活躍状況を把握するため、4項目の「必須把握事項」と21項目の「任意把握項目」を明らかにしている。 同法では、労働者が301人以上の企業に一般事業主行動計画の作成・公表を義務付けている(労働者300人以下は努力義務)。同計画には、女性の活躍状況……[続きを読む]

2015.09.28【労働新聞】
計画届出や情報公開義務化 指導・勧告が可能に 女性活躍推進法

男女別の採用・勤続を調査 内閣官房が今国会に提出していた女性活躍推進法案(10年間の時限立法)が、一部修正のうえ成立した。常用労働者301人以上の事業主に対し、自社の女性活躍状況の把握と、これに基づく行動計画の作成・届出・公表、および情報公開を義務化(中小企業はいずれも努力義務)している。優れた取組みについては、国が優良認定する。同義務を……[続きを読む]

2015.07.06【労働新聞】
一般事業主行動計画 届出率低下で指導強化 3000社へ督促状

次世代法の延長背景に 東京労働局 東京労働局(西岸正人局長)は、次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画の策定届出率が同法延長後の今年4月に大幅に低下したことから、届出義務企業に対する指導を強化している。策定届を提出していない従業員101人以上の企業約3000社に督促状を交付したほか、600社程度を対象とした集団指導を実施した。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ