string(70) "/news/news_tag/%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/"
string(8) "news_tag"

『マネジメント』の労働関連ニュース

2018.05.21【労働新聞】
【今週の視点】マネジメントも“自律型”へ 育成計画をベースに

部下との共有時間減少で テレワーク等の柔軟な働き方の拡大は、上司と部下が共有できる時間を減らし、人事考課に対する信頼性を揺るがしかねない。システム開発や建設などのプロジェクト型の業態が抱えてきた課題に、多くの企業が直面しつつある。多様な勤務スタイルを認める以上は、マネジメントのあり方も自律性を活かす方向へ変わらざるを得ない。……[続きを読む]

2017.06.12【安全スタッフ】
【特集2】メンタルヘルス 外部機関の上手な活用法・下 アドバイスをしっかり守る

 事業場外部資源を活用する際に注意する点は、「専門家のアドバイスをしっかりと守ること」とランスタッド㈱EAP総研シニアコンサルタントの山越薫さんは指摘する。自己判断で対応して、状況を悪化させてしまうことも少なくないそうだ。また、不明確でいたり、納得しないままの状態にすることをせず、遠慮なく率直に質問や要望を専門家に伝えることも重要という。……[続きを読む]

外部の目線でリスクを見つけ
2017.05.18【労働新聞】
プレイング業務の削減が重要に 中間管理職調査

 一般財団法人企業活力研究所は、「働き方改革に向けたミドルマネージャーの役割と将来像に関する調査研究報告書」をまとめた。大企業のミドルマネージャー(中間管理職)にアンケートを行ったところ、自ら業務を遂行して成果を上げる「プレイング業務」が労働時間の過半数に及ぶ管理職の4人に3人が、管理職としての役割を果たせていないと考えている。 同報告書……[続きを読む]

2014.12.22【労働新聞】
【今週の視点】効果的な管理職教育は?

相互コーチングが時流 評価とインセンティブも 組織の要となるミドルマネジャーのマネジメント力向上が課題となっている。企業事例から効果的な管理職教育法を探ってみたい。「360度評価の結果を基に新たな目標設定後、グループコーチングで進捗フォロー」「マネジメント経験を毎週、管理職同士で話し合う相互コーチング」「社内大学の講師を任せ、指導ぶりを評……[続きを読む]

2014.09.22【労働新聞】
賃上げ環境の整備を 人的資本強化が重要に 労働白書

 賃金のさらなる上昇を可能とする環境整備へ向け、意欲を引き出すマネジメントを――厚生労働省の平成26年版労働経済白書(分析テーマ・人材力の最大発揮に向けて)が提言したもので、IT投資と労働者の能力開発の2つがカギになると訴えている。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ