労働関連ニュース

2016.07.31 【安全スタッフ】
建設業・現場所長へ心の健康対策を助言 建災防が窓口設置

 建設業労働災害防止協会(錢高一善会長)は7月4日、建設事業者や現場所長・担当者などを対象としたメンタルへルス相談窓口を設置し、相談業務をスタートさせた。建設業におけるメンタルヘルス対策を促進することが目的で、これから取り組む予定の企業などに向けて具体的な進め方やノウハウを提供する。 想定している相談内容は、「事業場でメンタルへルス対策を……[続きを読む]

2016.07.30 【安全スタッフ】
運輸業で増加顕著に 過労死の労災補償状況 厚労省調べ

 厚生労働省は、平成27年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況で、「運輸業,郵便業」「製造業」の2業種が前年度に比べて労災請求・支給決定件数ともに増加していることが分かった。「運輸業,郵便業」は、請求件数が前年度の168件から181件(13件増)に。支給決定件数は同92件から96件(4件増)にな……[続きを読む]

2016.07.29 【労働新聞】
経営者に実践型研修 宿泊業の効率化めざす 観光庁

 観光庁は、宿泊業における長時間労働の抑制と生産性向上を目的とする実践型ワークショップをスタートさせた。経営者の意識改革を重要課題と位置付け、全国20カ所で開催する。体系的な知識に基づく経営を普及させることで労働環境の改善を図り、深刻化する人材不足を緩和したい考え。…[続きを読む]

2016.07.28 【安全スタッフ】
酸欠危険場所を表示せず

宮崎労働基準監督署は、酸素欠乏危険場所に立入禁止の表示を怠ったとして、畜産業の会社と同社代表取締役らを安衛法違反容疑で宮崎地検に書類送検した。牧場の飼料工場で、大型タンクに隣接する場所で焼酎粕の抜き取り作業を行っていた労働者がタンク内に侵入し、低酸素血症により死亡する災害が起きた。タンク内は立入禁止と定められていたが、周囲に表示していなか……[続きを読む]

2016.07.28 【労働新聞】
9割で労使安定的――厚労省調査

 約9割の労働組合が「労使関係は安定的」と回答していることが、厚生労働省の「平成27年労使間の交渉等に関する実態調査」で判明した。 民営事業所の組合員数30人以上の5189組合(有効回答3215組合)を対象に調査した結果、労使関係について「安定的に維持している」と回答した組合が50%、「おおむね安定的に維持」が38%で、合計約9割が「安定……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ