労災防止マニュアル・三次産業や未熟練者向けに作成――厚労省

2016.07.25 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、労働災害が減らない第三次産業や製造業の未熟練労働者に対する労災防止マニュアルを次々と作成し、業界団体へ周知を図っている。作成したのは、社会福祉施設、飲食店、陸上貨物運送事業および製造業における未熟練労働者に対するものである。未熟練労働者対策では、職場に様ざまな危険があることを理解させるため、労災とヒヤリ・ハット事例の周知から始めるようアドバイスした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月25日第3074号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ