AI活用した採用支援登場 人事ワールド

2016.07.28 【労働新聞】

 国際見本市の企画・運営を手掛けるリードエグジビションジャパン㈱(東京都新宿区)は7月13〜15日の3日間、人材育成や採用、人事労務管理、福利厚生などに関する見本市「総務・人事・経理ワールド2016」を東京ビッグサイト(東京都江東区)で開いた=写真

 約710社が出展し、新サービス・商品などを紹介。企業の人材確保が課題になるなか、採用支援サービスが来場者の関心を集めた。人工知能(AI)を新卒採用や中途採用時のマッチングや人材評価に活用するサービスなども登場した。

ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年7月25日第3074号2面

あわせて読みたい

ページトップ