正規と同じ扱い要求 今春闘でサービス連合 契約社員等の待遇改善へ

2017.02.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ホテル・レジャー業や観光・航空貨物業の労働者でつくるサービス連合(後藤常康会長)は今春闘で、いわゆる正社員の実質的な賃金改善をはじめとする年収改善に向けた取組みと合わせ、契約社員やパートタイマー等の待遇改善に向けて取り組む方針を決めた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月13日第3100号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ