労契法20条 最高裁判決は6月1日 日本初の判断下る

2018.05.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

正非間処遇差不合理か

 労働契約法20条の適用をめぐり争われた長澤運輸事件とハマキョウレックス事件について、日本初の最高裁判決がともに6月1日の午後、示されることが決まった。順に4月20日、同23日に弁論が開かれ、1審地裁の判断が2審で覆った前者は同20条の立法趣旨など5つの論点を、正規と非正規で手当の支給に違いを設けることが不合理か否かを争った後者については「6つの手当」すべてが上告審で審理されることが決まった。下級審で判断が分かれた同20条の統一的解釈を最高裁が示すか、注目される。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月14日第3160号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ