中小の賞与支給54.0%に低下 大阪シティ信金調べ

2020.12.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪府内の中小企業の54.0%が、今冬のボーナスを支給する予定であることが大阪シティ信用金庫の調査により分かった。前年の65.2%から11.2ポイントの大幅減となっている。業種別では建設業が58.5%(前年74.3%)、製造業が57.4%(同69.2%)、運輸業が54.4%(同61.6%)など、全業種で前年の数値を割り込んだ。

 1人当たり平均支給予定額は28万7604円で前年から1万35円(3.4%)減少した。

関連キーワード:
令和2年12月14日第3284号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ