【今週の視点】労災かくし後を絶たず 取引先へ配慮が原因 

2020.11.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労基署は送検前提に対処

 労災かくしが後を絶たない――。労働災害を報告しなかったり、虚偽の労働者死傷病報告を提出する行為が相変わらず行われている。多くは取引先に迷惑を掛けたくないとする「配慮」が原因だ。労災かくしはほとんどの場合に故意性が認められるので、原則的に労働基準監督署は書類送検を前提に対応する。絶対に行ってはならない行為だ。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年11月16日第3281号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ