【スポット】Mixed Reality 複合現実使い鋳造指導 安全な環境下で実地前訓練/JFEスチール

2020.11.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 JFEスチール㈱は、複合現実(MR:Mixed Reality)の技術を活用した教育訓練シミュレーターを西日本製鉄所へ導入した。製鉄所での高温溶融物の取り扱いなどリスクが高い作業について安全に作業をするための技能を教えるのが目的。ОJTの前に仮想環境で訓練を行っておくことで、作業に伴うリスクを下げるとともに、異常事態での判断や処置方法の習得にも役立てていく。

現実の設備と3D映像を融合

 同社では、急速な世代交代により若年層の割合が増える状況のなか、熟練技能を持つ教育専任者を配置して技術・知識の標準化による技能伝承に取り組んでいる。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年11月15日第2366号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ