MR技術用い熟練技能伝承 JFEスチール

2020.10.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 JFEスチール㈱(東京都千代田区、北野嘉久代表取締役社長)は、同社の西日本製鉄所へ複合現実(MR=Mixed Reality)を活用する教育訓練シミュレータを導入したと明らかにした。「連続鋳造機での溶鋼鋳込み量調整作業」に対し、すでに運用を始めている。製造現場で急速な世代交代が進めてきたなか、従来は操業上、安全上のリスクが高い作業もOJTに頼らざるを得ず、技能伝承の面で課題を抱えていた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年10月19日第3277号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ