技術偏在4割に顕著 継承進まず高齢者頼み 大阪市信金・中小製造業へ調査

2012.11.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪市信用金庫は、中小製造業における技術継承の実態をまとめた。60歳を超える高年齢者がいる企業に重要技術の偏在状況を尋ねたところ、4割の企業で同高年齢者への偏在が「顕著」と回答していたことが分かった。その一方で、若手への技術継承が「問題なく進んでいる」企業は1割強にとどまっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年11月12日第2896号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ