厚労省の再編に否定的見解示す 樽見新事務次官

2020.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の樽見英樹事務次官は、このほど記者会見を開き、厚労省の組織再編に否定的な見解を示した。旧厚生省と旧労働省の統合によって、より良い政策を打ち出せる可能性が広がったと述べた。

 樽見次官によると、旧厚生省の見方では、障害者支援は、生活の場や資金的支援が中心だったが、労働政策を視野に入れることで、仕事をしてもらうことが最も重要である点を気付かせてくれた。仕事とは人としての尊厳につながるものと協調した。

関連キーワード:
令和2年11月2日第3279号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ