パワハラ防げ! パネル展を開催 高知県労委

2020.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 高知県労働委員会(下元敏晴会長)は、個別労働紛争処理制度周知月間に合わせ、県庁内でパネル展を開催した(写真)。

 最も相談件数が多いパワハラ・嫌がらせの対策を中心に、全43パネルを作成した。「対応の仕方のアドバイス」と題したパネルでは、職場で取り組むべき相談への対応の流れ、相談者が職場に求める改善事項の例などを解説。予防・解決のためのポイントとして、社内ルールの決定やアンケートによる実態把握などを紹介した。

 同県労委に寄せられた昨年の労働相談件数は過去最多の450件で、そのうちパワハラ・嫌がらせに関する相談が133件を占めている。

令和2年10月26日第3278号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ