技能実習制度でベトナムと協定 アイムジャパン

2017.01.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益財団法人国際人材育成機構(=略称・アイムジャパン、柳澤共榮会長)は、昨年11月に技能実習法が成立したことを受け、ベトナムと「新5年技能実習受入れ協定」を締結した。このほど東京都内で署名式を開き、ダオ・ゴック・ズン労働・傷病兵・社会大臣が参加した=写真

 同協定の柱は、技能実習4~5年目の3号実習生に対する起業家教育にある。祖国に帰って事業を起こす実習生の育成に向けたマネジメント教育を、通信教育方式で実施していく。条件をクリアした実習生に対しては、ベトナム政府が100万円の事業奨励金を支給する。

平成29年1月23日第3097号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ