“認証制度”始める バイトの労働条件保護 全国学習塾協会

2017.01.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益社団法人全国学習塾協会(安藤大作会長)は、学習塾で働くアルバイト講師の労働環境保護に向けた新制度「安心塾バイト認証」をスタートした。労働条件の明示、労働時間管理など21項目をすべて満たしている事業所(教室)に対して認証マークを付与する。一昨年に相次いだ、学習塾での労使紛争を防止したい考えだ。

 同業界では、授業時間に対して賃金を支払う「コマ給」が一般化している。1コマ70分=1000円などの労働条件で契約し、これを時給化した際に最低賃金を満たしていない、授業前後の準備・片付け時間に賃金を支払っていないなどの例がめだっていた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年1月23日第3097号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ