学習塾へ認証制度 労基法遵守など評価 全国学習塾協会

2016.08.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国学習塾協会(安藤大作会長)は、学習塾の労働環境に対する認証制度を開始する意向である。

 背景には、平成27年3月と12月に厚生労働省が学習塾業界に対し労働条件の確保を要請したことがある。3月の要請では、講師の労働時間の適切な把握と労働基準法などの遵守を求めた。授業時間外に行った質問対応や報告書の作成などに要した時間が労働時間として適正に把握されず、賃金や割増賃金が支払われていない事案が労働基準監督署の指導監督で確認されていた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月1日第3075号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ