新聞販売業者を告発 休業補償で治療中と偽る 唐津労基署

2020.10.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 佐賀・唐津労働基準監督署(井本浩人署長)は、労働災害に関連する休業補償給付の請求に当たり虚偽の内容を記載した請求書を提出したとして、同県唐津市で新聞販売店を営む60歳の個人事業主を、偽造有印私文書行使(刑法第161条)で唐津警察署に刑事告発した。被災した労働者は、すでに業務への復帰が可能な状態だったにもかかわらず、診療担当者の証明などを偽造していた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年10月19日第3277号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ