テレワークに対応へ コロナ禍で急拡大受け 田村厚生相・新任会見

2020.09.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 田村憲久厚生労働大臣は、厚労省内で新任会見を開き(写真)、新型コロナウイルス感染症で急速に拡大したテレワークへの対応策について話した。企業に対して、情報の漏洩防止に力を入れる必要があるとしている。

 田村厚労相は、新型コロナ感染拡大に伴って、テレワークの働き方が急速に広まり、対応策が重要になってきているとした。私的時間と労働時間との線引きが難しく、労働時間管理が困難となっているのが実態とした。テレワーク拡大によって却って長時間労働となったり、健康管理が不十分となっている。企業には情報漏えい防止へ、セキュリティー対策の強化を勧めた。

令和2年9月28日第3274号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ