積込み箇所一本化 待機時間削減めざし トラック協議会

2017.01.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 トラック輸送における取引環境・労働時間改善地方協議会が都道府県ごとに開催された。各地で実施している労働時間短縮のための実証実験の取組み状況を報告した。積込みの待機時間削減に向けて、複数にまたがる積込み箇所を一本化したり、出荷する製品を合理的に配置し直すなどの改善策が提案された。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年1月16日第3096号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ