「伸びやかな発想」期待して 戸田建設のワーケーション

2020.09.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 非日常空間でアイデア出し――戸田建設㈱(東京都中央区、今井雅則代表取締役社長)が、こんな取組みを実施した。

 同社は今夏、神奈川県逗子市内にテレワーク用のオフィスを設け、ワーケーションの実証実験を推進中。8月26日には、広報や総務、戦略事業推進など複数の部署から9人の社員が集まり、企業ブランディングに関する会議を行った=写真。自社フェイスブック上に、どのような動画をアップすれば高い効果を得られるか検討を進めている。

 都心のオフィスを離れた環境で会議を開いた理由について同社担当者は、「伸びやかな発想を期待した」と話した。

関連キーワード:
令和2年9月7日第3271号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ