シニア含め社内FA 自ら希望部署挑める 三井住友海上

2020.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 三井住友海上火災保険㈱(東京都千代田区、原典之取締役社長)は、定年後再雇用者を含む約1万人の無期雇用人材を対象とし、社内FAを制度化した。現在の部署に2年以上在籍していることを条件に、最大5つまで異動希望先の申請を可能とする仕組みで、社員のキャリアビジョン実現に資するのが狙い。10月まで申請を受け付け、希望先での受入れが成立した場合、来年4月に新部署へ配属する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年9月7日第3271号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ