全事業所へフレックス導入 在宅勤務と併用可に テルモ

2020.06.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

コロナ対応の経験生かす

 テルモ㈱(東京都渋谷区、佐藤慎次郎代表取締役社長CEO)は、7月から国内全事業所を対象にフレックスタイム制を導入し、社内規定で月4回までと定めていた在宅勤務制度の回数制限も撤廃した。今後はコアタイムのみの1日2時間だけの勤務や、1日のうちで出社・在宅を組み合わせるなどの働き方が可能になる。3カ月以上にわたって続けてきた新型コロナウイルス対応の経験を踏まえ、昨年から研究開発拠点で先行導入していた取組みを全社レベルに拡大している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年7月6日第3263号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ