【特集2】新型コロナ 作業員配置をブロック分け 国交省が「3密」回避へ事例

2020.05.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国土交通省は、建設現場での新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るため、業界団体の協力を得て密閉・密集・密接のいわゆる「3つの密」を回避する取組事例集を作成した。朝礼・KY活動、現場事務所などでの業務・打合せ、現場作業や移動時の各場面について実際の企業事例を写真付きで分かりやすく紹介したもの。作業員の配置のブロック分けによる密接した作業の回避や、朝礼時の配列間隔を一定程度確保することなどを行っている。すでに建設現場では感染者が出ており、より一層の感染防止対策の徹底が求められている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年5月15日第2354号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ