エリア限定の中途募集開始 ダイハツ工業

2020.04.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ダイハツ工業㈱(大阪府池田市、奥平総一郎代表取締役社長)は、介護などで転居が困難な人材を積極的に採用する「エリアスタッフ」制度を導入した。最初の試みとして東京勤務を条件とし、自動車の法人営業スタッフ5人程度の募集を開始した。雇用形態は期間の定めのない嘱託契約となるが、福利厚生面も含めてほぼ正社員並みに処遇するとしている。

 同社では2013年に複線型管理を見直し、全国転勤ありの総合職へ一本化済み。ダイバーシティ施策の一環として、経験者採用での勤務地限定を可能にした。

関連キーワード:
令和2年5月4日第3255号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ