仕事と治療両立 中小7割が代替要員確保に課題 埼玉県調べ

2020.04.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉県が取りまとめた就労実態調査報告書によると、仕事と病気治療の両立支援制度がある中小企業が8割を占めるなか、両立を支援する上で「代替要員を確保することが難しい」という課題を抱えている中小企業が7割に上ることが分かった。次いで、5割が「人員配置や業務の分担が難しい」という課題を挙げている。

 調査は同県内企業を対象に行い、865社から回答を得た。「代替要員を確保することが難しい」の割合は年々増加し、前年比で0.3ポイント増、平成28年比では9ポイント増と上昇傾向にある。

 中小企業における支援制度の整備状況については、「病気治療のための休暇制度」が最も多く37.5%だった。

令和2年4月27日第3254号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ