コース別制限はなし 千葉銀行をプライム選定 新・ダイバーシティ100選

2020.03.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済産業省は、多様な人材の活躍を経営成果に結び付け中長期的に企業価値を生む取組みをしている㈱千葉銀行(千葉県千葉市)と東急㈱(東京都渋谷区)を「新・ダイバーシティ経営100選プライム」に選定した。

 このうち千葉銀行ではキャリア形成に向けて2018年に人事制度の改定を行った。業務内容や昇格などについてコースによる制限を撤廃し、転居を伴う転勤の有無を選択可能とした。同時に、女性社員の職域拡大を目的とした「意識醸成研修」を約1000人に対して実施。本部企画部門や渉外担当へ積極的に配置している。

 このほか大企業ではオリックス㈱(東京都港区)など7社を、中小企業からは㈱釧路製作所(北海道釧路市)など11社を、「100選」の表彰企業に選んでいる。

令和2年4月6日第3251号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ