今年から副業解禁 SCSKをプライム認定 ダイバーシティ100選

2019.04.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済産業省は多様な人材を生かして価値創造につなげている企業を認定する「新・ダイバーシティ経営企業100選」の表彰式を東京都内で開いた。住友林業㈱(東京都)など21社を選出した。併せて、以前に100選として表彰を受けた企業の中で、とくに取組みが進むSCSK㈱(東京都)と㈱丸井グループ(東京都)を「100選プライム」に選んでいる。

 このうちSCSK(写真)では、女性管理職養成プログラムの策定(2013年)や、60~65歳の人材を正社員化する「シニア正社員制度」の導入(18年)などにより、女性や高齢者といった特定の属性を対象にした取組みを推進。今年からは、対象を個人に絞り、副業を容認することなどを盛り込んだ「スマートワーク・チャレンジ20」制度を開始している。

平成31年4月8日第3204号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ