技能実習 2号移行職種へ「宿泊」追加 通算3年間可能に 民泊業技能試験センター

2020.03.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

2試験の詳細公開

 技能実習2号の移行対象職種に宿泊職種(接客・衛生管理作業)が追加され、指定試験機関である一般社団法人宿泊業技能試験センター(多田計介理事長)が1号および2号向け試験の詳細を公表した。補助的業務を担う1号に対し、2号ではフロント業務に関する内容も盛り込んだ。実技試験では3人以上の試験官が立ち会い、接客スキルなどを確認する。今回の追加で通算3年以内の技能実習が可能になり、2号の修了後には、無試験で特定技能1号への資格変更が申請できる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年3月16日第3249号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ