【フォーカス】城南会/介護・技能実習 4人の実習生が1月に来日

2019.04.04 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

特定技能活用も視野 安定的な人員確保を狙う

利用者からも好評な実習生

 特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人城南会(埼玉県さいたま市、大澤孝至理事長、130人)は今年1月にモンゴルから4人の外国人技能実習生を受け入れた。求人倍率上昇などの影響により、5年ほど前から採用が難しくなり、安定的な人材確保が課題となっていた。2014年から準備を進め、関連法人で受入れ実績のあったモンゴルからの実習生受入れを決定。17年には現地の日本語学校で20人ほどと面接し、志望者に内定を出した。4月開始の特定技能の活用も視野に入れており、将来的には上限人数までの受入れを予定している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月8日第3204号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ