賃金水準 職歴に応じて日本人と同等 JR東・技能実習

2019.04.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東日本旅客鉄道㈱とJR東日本テクノロジー㈱は共同で、ベトナム人技能実習生11人の受入れを開始した。グループ経営ビジョンで掲げた、「国際鉄道人材の育成」を具現化する取組みの第一弾に位置付ける。受入れ期間は3年で、賃金および福利厚生は日本人の社員と同等にする。

 11人の内訳は5人がベトナム鉄道の社員で、残りは現地の日本語教育機関に在籍する学生だ。年齢は19~35歳と幅があり、学歴や職歴に応じて日本人と同等の賃金水準に格付けする。評価に基づく昇給も行う。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月15日第3205号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ