「複数応募」検討を 高卒就職で報告書公表 文科・厚労省

2020.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 文部科学省と厚生労働省が設置した高等学校就職問題検討会議ワーキングチーム(WT)は、新規高卒者の就職活動における「一人一社制」の見直しなどを提言した報告書をまとめた。一次応募の段階から複数社の応募を可能とするか、一次応募までは1社のみとするか、選択すべきとしている。

 一人一社制は法令などに根拠のあるものではなく、各都道府県の「都道府県高等学校就職問題検討会議」における毎年度の「申し合わせ」に基づくもの。慣行として広く普及しているが、複数社応募をすでに可能にしている県もある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年3月9日第3248号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ