選択型の65歳定年制へ 前倒しで再雇用も 住友林業

2020.03.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

専門人財は年齢制限撤廃

 住友林業㈱(東京都千代田区、市川晃社長)は、4月から65歳を上限とした選択型定年制度を導入する。60歳に達して以降は、正社員として働き続けるか、勤務地や勤務形態の融通が利く再雇用に転換するかを毎年、選択できる。正社員を続ける場合は原則60歳で役職定年となり、給与水準は初年度で直前の7割、以降は毎年5%ずつ抑制していく。併せて65歳を超えて技術系専門人材を雇用してきた「シニア人材バンクセンター制度」を拡充し、70歳までだった上限年齢を撤廃する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年3月2日第3247号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ