仕事と育児を支援 職場改善プログラム作成 沖縄県

2016.12.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 沖縄県女性就業・労働相談センターは、女性が仕事と育児を両立できる環境整備をめざし、企業向けの支援プログラムを作成した。妊娠・出産から育児休業後の職場復帰まで「切れ目のない支援」を無料で提供するとしている。

 支援開始に当たっては、企業の現状と課題を把握するため、初期診断を実施。「時間単位で年次有給休暇を取得できる制度があるか」「育児休業前に復帰後に関する面接を行っているか」など計50項目の質問に労使双方が回答する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月28日第3090号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ