女性の学び直し推進へ 6大学が協議会設立 日本女子大など

2019.12.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本女子大学や関西学院大学など6大学は12月5日、女性のリカレント教育推進のための協議会を立ち上げ、キックオフシンポジウムを開いた(写真)。

 経団連の井上隆常務理事が活性化に向けた見解を述べた。井上常務理事は冒頭、人生100年時代を迎え、大学卒業後50年、60年と働く時代においては、20歳代前半までに勉強してきたことだけでは不十分とし、同協議会に賛意を示した。

 リカレント教育を広めていくためには…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年12月16日第3237号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ