厚労省、パワハラ指針案を提示

2019.11.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、11月20日に開いた労働政策審議会雇用環境・均等分科会で、「事業主が職場における優越的な関係を背景とした言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置等に関する指針」案(修正版)を提示した。

 パワーハラスメントの類型ごとに、「該当すると考えられる例」、「該当しないと考えられる例」を示している。

・事業主が職場における優越的な関係を背景とした言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置等についての指針(案)について【概要】(修正案)
https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000568624.pdf

あわせて読みたい

ページトップ