会社が導入した65歳定年を報告 サントリー労組

2012.12.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 フード連合(江森孝至会長)が11月27~28日にかけて開いた集会で、構成単組であるサントリー労働組合の高谷充郎中央執行委員は、会社が導入した「65歳定年制」の事例報告を行った。

 60歳前の処遇や人事制度はそのままで、60歳以降に新制度を導入、処遇は60歳時の約7割、定昇はなく単年の考課で基本給を決定、ポイント制の退職金は60~65歳までは付与せずなどが要旨。

関連キーワード:
平成24年12月10日第2900号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ