同一組合比較で前年プラス千円 フード連合の14春闘

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 飲食品メーカーの労働組合が中心のフード連合(松谷和重会長)は9月8日、第13回定期大会を東京で開き、近年にない高額の水準=1万円基準を掲げて取り組んだ14春闘を総括した。

 平均方式で6318円(2.11%)となり、前年同一組合比較で1062円(0.32%)のプラスとなった。300人未満も4247円(1.69%)を獲得。前年同一組合比較で382円(0.13%)のプラスだった。

関連キーワード:
平成26年9月22日第2986号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ