平均“5ケタ”の要求案 連合14春闘で先陣

2013.12.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

UAゼンセン・1万円以上 フード連合・1万円基準

 連合の主要産別UAゼンセンとフード連合が14春闘で先陣を切り、いずれも平均5桁=1万円の要求案をまとめ、構成単組に促した。UAは「以上」、フードは「基準」の文字が付き、順に「1%」「1.5%基準」のベア分を盛り込んだ。物価上昇と経済の回復局面にあるなか、消費を上向かせる考えで掲げた連合方針に基づくもので、従来どおりのUAはもとより、所定内賃金の水準が国の統計で最下位に落ち込んだフードも、全構成単組による統一した要求を呼びかけている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月9日第2948号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ