60歳以降就労希望 消極層含め7割に 基幹労連調査

2012.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 鉄鋼・造船・非鉄金属メーカーの労組でつくる基幹労連(神津里季夫中央執行委員長)が60歳以降の就労意思を組合員に尋ねると、「働きたくないが働かざるを得ない」とする消極的就労希望層を含むおよそ7割が、60歳以降の就労を希望していることが分かった。「働く予定はない」とした組合員はおよそ1割(9.4%)で、未定とした組合員はおよそ2割(19.4%)いた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年9月24日第2890号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ