子どもに夢託す ものづくり労組 霞が関体験デー

2012.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「ほら、こうするとよく動くよ」――「子ども霞が関見学デー」が開かれた8月8・9の両日、機械金属関係の中小労組でつくるものづくり産別労組・JAM(眞中行雄会長)は、厚生労働省のブースで「ものづくり体験教室」を開催。ものづくり産業の将来を担うちびっ子たちに夢を託した。

 子どもたちが挑戦したのは、ペットボトルとモーターを組み合わせた「クリーナー」づくり。彼らの食い入るような真剣な眼差しの先に、明るいものづくりの将来があることを願うばかり。

関連キーワード:
平成24年8月27日第2886号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ