ベア確保2組合 日建協12春闘

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ゼネコンのホワイトカラー職員でつくる日建協(日本建設産業職員労働組合協議会・山田栄治議長)がまとめた12春闘の中間報告によると、加盟37組合中、ベア(0.12%)の確保は昨年同様2組合だった。7月18日時点で妥結している28組合分を集計した。

 一時金は、業績連動の1組合を除いた27組合の単純平均で1.78カ月となり、年収は前年比0.62%減という状況。

 初任給は、3組合で会社から引上げの申入れがあり、21万円以上の目標達成は18組合になった。

関連キーワード:
平成24年8月13日第2884号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ